TOPページへ

GHS分類
当工業会の行ったスチレンのGHS分類について
平成18年9月
Rev 1 平成20年6月
Rev 2 平成28年4月
当工業会では最新の情報に基づき独自にスチレンのGHS分類を行っています。
当工業会会員各社は、本GHS分類に準拠してMSDS及びラベルを作成します。
 
スチレン(CAS No.100-42-5)のGHS分類一覧表
2016.4.1                    

物理化学的危険性

危険・有害性項目 分類結果 シンボル 注意喚起語 危険有害性情報
1 爆発物 分類対象外 - - -
2 可燃性又は引火性ガス
(化学的に不安定な
ガスを含む)
分類対象外 - - -
3 エアゾール 分類対象外 - - -
4 支燃性又は酸化性ガス 分類対象外 - - -
5 高圧ガス 分類対象外 - - -
6 引火性液体 区分3 警告 引火性液体及び蒸気
7 可燃性固体 分類対象外 - - -
8 自己反応性化学品 分類できない - - -
9 自然発火液体 分類対象外 - - -
10 自然発火固体 分類対象外 - - -
11 自己発熱性化学品 分類できない - - -
12 水反応可燃性化学品 分類対象外 - - -
13 酸化性液体 分類対象外 - - -
14 酸化性固体 分類対象外 - - -
15 有機過酸化物 分類対象外 - - -
16 金属腐食性物質 分類できない - - -

健康有害性

危険・有害性項目 分類結果 シンボル 注意喚起語 危険有害性情報
1 急性毒性(経口) 区分外 - - -
1 急性毒性(吸入:ガス) 区分4 警告 吸入すると有毒
1 急性毒性(経皮) 区分外 - - -
1 急性毒性(吸入:粉塵、ミスト) 分類できない - - -
2 皮膚腐食性及び皮膚刺激性 区分2 警告 皮膚刺激
3 眼に対する重篤な損傷性又は眼刺激性 区分2A 警告 強い眼刺激
4 呼吸器感作性 分類できない - - -
4 皮膚感作性
分類できない
- - -
5 生殖細胞変異原性 区分外 - - -
6 発がん性 区分外 - - -
7 生殖毒性 区分2 警告 生殖能又は胎児への悪影響のおそれの疑い
8 標的臓器/
全身毒性
(単回暴露)
区分1
(中枢神経系)
区分3
(気道刺激性)
危険

警告
臓器の障害(中枢神経系)

呼吸器への刺激のおそれ
9 特定標的臓器毒性 (反復ばく露) 区分1
(呼吸器、聴覚)
危険 長期にわたる、又は反復ばく露による臓器の障害(呼吸器、聴覚)
10 吸引性呼吸器有害性 区分1 危険 飲み込んで気道に侵入すると生命に危険のおそれ

環境に対する有害性

危険・有害性項目 分類結果 シンボル 注意喚起語 危険有害性情報
11 水環境有害性(急性) 区分2 - - 水生生物に毒性
11 水環境有害性(長期間) 区分3 - - 水生生物に有害


参考:NITEのホームページに公表された分類(平成18年度及び平成27年度見直し)との相違点

当工業会では、発がん性、変異原性、生殖毒性のGHS分類はEUの「GHSに基づく化学物質の分類と表示規則 による分類を参考にして分類しています。このため、NITEホームページに掲載されている分類と同じではありま せん。EUの分類はオリジナルの文献情報に基づき、「証拠の重み」の観点を加味して評価しており、関係者に とって公正な評価となっていると考えています。    
NITEのホームページに掲載された分類は参考であり、独自の情報に基づき分類を行うことを防げるものではない とされています。



Copyright(C) Japan Styrene Industry Association All Rights Reserved.