TOPページへ

ポリスチレン(PS)とは

ポリスチレンは原油・ナフサを原料としたスチレンモノマーを重合させて作られるプラスチック樹脂です。
ポリスチレンは1935年に初めて工業化され、70年以上の歴史があります。現在、世界中で約1200万トンのポリスチレンが使われています。ポリエチレン(高密度と低密度の2種類)、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニルと並び、5大汎用樹脂のひとつに挙げられています。

ポリスチレンは大きく分けると、透明性が高く硬いという特徴の汎用ポリスチレン(GPPS)と、ゴム成分を加えて衝撃性を改良した乳白色の耐衝撃性ポリスチレン(HIPS)の2種類があります。

ポリスチレンは加工しやすく、形状再現性が良いので、電気製品、雑貨、食品容器など幅広い用途に使用されています。又、ポリスチレンは発泡させやすい材料なので断熱性が必要な用途に多くの発泡製品が作られ、省エネルギーに貢献しています。
ポリスチレンは各国の法律で安全な食品包装材料として使用が認められており、先進国ではその用途の50%が食品包装用途となっています。

ポリスチレンが出来るまでの原料の流れ図
プラスチックの中のポリスチレンの位置付け
ポリスチレンについて、詳しく知しりたい方はこちら
Copyright(C) Japan Styrene Industry Association All Rights Reserved.