TOPページへ
ポリスチレン製品が出来るまで

ポリスチレン製品は、射出成形、押出成形、真空成形、発泡成形などの多様な製造方法を
適用できるのでさまざまな製品に使用されています。

ここでは、生活に身近な弁当箱などの食品包装容器の一般的な成形方法を紹介します。


原料ペレット

シート ・押出成形

製品 ・真空


原料は米粒のようなペレット状になっています。


樹脂を押出機の中で、溶融・混錬して、金型からシート状に押出し、冷却して巻き取ります。


熱で軟化させたシートと型の間の空気を抜き真空状態を作り出し、型に密着させて、形状化を行い、カッターで打ち抜いて製品にします

   射出成形(家電製品、雑貨などの製造方法)

   押出成形(食品容器用シートなどの製造方法)
   インジェクションブロー成形(乳酸菌飲料容器の製造方法)
Copyright(C) Japan Styrene Industry Association All Rights Reserved.